自然のまんまで百年生きて、得も言われぬ爽やかな香りと優しい味。ぶしゅかんの魅力を全国の人たちに知ってもらいたい。

2007年の事
「ぶしゅかん、打ち出してみんかえ?」と小さな会の何気なく溢した小さな夢の一言から始まった小さな玉の酢みかん事業。

古くから高知県西部に食文化として愛され地域に根付く酢みかん「ぶしゅかん」。
昔から農家の庭先に1本植わっていて、あまりにも身近にありすぎて気にも止められなかった酢みかんでした。

農家の高齢化が進み、耕作放棄地が増えている等の課題に対して、古くから四万十地域に生育している四万十の食素材「ぶしゅかん」を産地化し、商品開発をすることで地域の活性化につなげたい。中村料理飲食店組合の中に「ぶしゅかん検討会」が発足し、その後2010年に大川筋振興組合・四万十屋・マルサ醤油による任意団体チームぶしゅかんが誕生しました。

チームぶしゅかんは地元農家の方たちと連携し、「ぶしゅかん栽培講習会」や「ぶしゅかん試食会」等を実施。商品開発を進めて、スタートから3年目で耕作放棄地に約2000本のぶしゅかんを定植することに成功しました。
ほぼ存在しないと言える程に、小さかったぶしゅかんの市場を1から作り直していき加工品も28アイテムまで増えたのを機に、2015年任意団体チームぶしゅかんを「四万十ぶしゅかん株式会社」として法人化し、四万十市をぶしゅかんの産地化にするため、日々取り組んでいます。

社名 四万十ぶしゅかん株式会社
SHIMANTO BUSHUKAN CO.,LTD.
設立 2015年3月
本社所在地 〒787-0157 高知県四万十市山路2494-1
TEL:0880-31-9211 / FAX:0880-36-2588
代表者 田村 吉教
資本金 300万円
事業内容 四万十ぶしゅかんを始めとした、四万十流域の農産品の開発・加工・販売
関連会社 株式会社四万十屋
http://www.shimantoya.com/